自己破産にかかる弁護士費用は分割で支払うことができる

ジャッジガベル

相場を知る

浜松で税理士を探す時は、事前に顧問料の相場を調べておきましょう。相場より高すぎたり安すぎる事務所は問題がある場合があるので注意してください。多少価格が高くても、サービスの質が高くレスポンスの早い税理士を選んだ方が安心です。

負債額によって違う

男性

少額管財事件と管財事件

自己破産にかかる費用は少額管財事件か管財事件かによって大きく変わってきます。少額管財事件の場合には自己破産においてもっとも費用がかかる予納金が20万円程度となりますが、管財事件になった場合には負債額によって予納金の額が違ってきます。負債額が5000万円未満の場合には50万円、50〜1億円未満で80万円、1億〜5億円未満で150万円、5億〜10億円未満で250万円、負債額が100億以上になると予納金は700万円ほどになります。管財事件になった場合予納金にかかる費用が大きくなりますが、本人の代わりに弁護士に申し立てをしてもらうと少額管財事件にすることができます。弁護士に依頼した場合には20万〜50万円程度の費用が必要ですが、自己破産にかかる総額を考えた場合依頼した方が費用が安くなることがあります。弁護士だけではなく司法書士に依頼して自己破産をすることもできますが、少額管財事件にできるのは弁護士が申し立てを行った時だけです。司法書士に依頼した場合の費用の相場は15〜30万円程度です。こういった費用が一括で支払えない場合には、分割払いで支払うことも可能です。弁護士や司法書士に依頼すれば費用はかかりますが、債権者との交渉を代わりにしてもらえるのでスムーズに自己破産手続きを終えることができます。また依頼するとすぐに債権者からの督促がやみ、借金の返済も自己破産手続きが終わるまで猶予されます。生活再建をするためにはなるべく早く手続きを始めた方が良いでしょう。

遺産問題での弁護士選び

相続問題で奈良の弁護士に依頼する際は、相続を専門分野としている事務所を選ぶと、ノウハウや実績が豊富なため、より信頼できます。また、相談しやすいことも大切です。相談料が負担となるケースも多いですから、無料相談に応じてくれる事務所や、定期的に開かれる無料相談会を利用するなどしてよい弁護士を探しましょう。

格安で相談できます

株式投資やFXなどで利益を得た場合には確定申告が必要な場合があります。この確定申告を代行してくれるのが税理士です。千葉の税理士なら個人の確定申告にも力を入れているので、格安料金で確定申告書類の作成と提出を代行してもらうことができます。